カンジダになりたくないなら予防方法と感染経路を理解しておこう

カンジダになりたくないと考えるのであれば、感染経路を知って適切な予防方法を実施することが必要となります。正しい感染経路と予防方法を知らなければ、気がつかないうちにカンジダを発症してしまっている可能性があるので、あらかじめ正しい知識を持っておくようにしてください。カンジダは性器に症状があらわれることが多いので性行為が原因で感染するものだと思っている人が多いですが、それ以外の感染経路で発症することもあることに注意しておきましょう。

もちろん性行為によって感染することもありますが、カンジダの原因菌は体内に存在していることが多い菌なので、些細なきっかけで体内の常在菌が増殖して感染することもあります。特に女性の膣内に症状があらわれるときは自己感染によるものが多く、性行為をしていなくても身体の免疫力が落ちているときなどに常在菌が異常に増殖して症状があらわれることが多いです。性行為がなくても感染してしまうわけですから、常在菌が異常増殖しないように普段から生活習慣に気をつけて免疫機能を向上させるようにしておかなければなりません。

性行為をしなくても人からうつる場合もあり、感染者とタオルや下着などを共用することで感染することがあるので、身近な場所にカンジダを発症している人がいる場合は注意が必要です。親子でお風呂に入ったときに大人が身体を拭いたタオルで子供の身体を拭き、子供までカンジダになってしまったというケースもあるので注意しておきましょう。子供の口内はおもちゃや哺乳瓶に付着したカンジダ菌が原因となることもあるので、大人以外も感染してしまうことを知って予防しておくことが大切だと言えます。

セックスによる感染を防ぎたいのであれば感染者とは性行為をしないようにするか、性行為の際にはコンドームを使用するようにしてください。自己感染を防ぎたいと考えるのであれば、体内の常在菌が増殖しないように身体の免疫力を低下させないようにしましょう。疲労やストレスを溜めないようにしたり、食生活や運動習慣を見直したりすることで免疫力をアップすることができるはずです。子供への感染を防ぐ場合は周りの感染者とタオルを共用しない、おもちゃや哺乳瓶は定期的に消毒するなどの予防方法を実施してください。このように、感染経路に応じた効果的な予防方法を実施しておけば、知らず知らずのうちにカンジダ症に感染してしまったということが少なくなるでしょう。